ラブ・リーマン

彼女が欲しい社会人(30代・アラサー)のための彼女を作る方法まとめ

モテ力向上

ラブホテルの使い方!社会人で初めてラブホに行った時の体験談

2017/05/12

女の子と知り合ってデートの約束をつけた!

可能であればその日の夜はその子と一夜を過ごしたい!

そんな時、必ず通らないといけないのは、ラブホテルへ行くことです。

ACSモデル

  • いままでラブホテルって行ったことがない!
  • いまさらだけど、ラブホの使い方なんて誰にも聞けない!

実は、社会人になってもラブホテルに行った事が無い方って意外と多いのではないでしょうか?

(女性と遊ぶのであれば、ラブホテルの使い方はマスターしておきたいところ。筆者も同じ境遇でしたので、ご安心を。)

そんな悩める社会人男性のために、今回は実際ラブホテルってどういう感じの流れで入室するのか、そのフローをまとめました。

 

ラブホテルの使い方:入室まで

まずはラブホテルに誘える女性を見つける

正直、これが1番大事です!(笑)

下記の記事は、モテ男になるためには必要なマインドが満載の記事があるので、必ず目を通しておきましょう!

>>セフレの作り方の記事を見る

 

デートに行ってラブホテルに上手く誘導する

これがなかなか難しいところ

まずはデートに誘って、楽しい雰囲気を作り、お相手に楽しんでもらいましょう。

そして、「この人だったら抱かれてもいいわ。」と思わせられたら、あなたの勝ちです。

スマートに女性をホテルに誘導しましょう。

>>ホテルに誘う方法の記事を見る

 

ラブホテルの位置を把握する

そして、意外とこれが重要です。

「確かこの辺に何軒かあるらしいよ笑」と口では適当なことを言いながら、調べておいたホテルに行きましょう。

渋谷で飲むのであれば、渋谷の使いやすいラブホテル2,3軒は調べておき、その近くの居酒屋⇒バー⇒ホテルというコースを頭の中に描いておくと、スマートにホテルに誘えますよ!

備えあれば憂いなし、です。

あたふたしている男性が1番かっこわるいので、ここはスマートに誘いましょう。

入口が目立って入りづらいかもしれませんが、勇気を持ってくぐりましょう。

 

まずは部屋を選ぶ

入店すると、店内にはパネルがあります。

ラブホテル パネル

これだけの数があるホテルはけっこう大きいところだと思います。

渋谷とかだと、部屋数はもっと少ないですね。

空いている部屋が光っているはずので、ボタンを押して選択しましょう。

またパネルには部屋の料金が書いてあるので安心。

休憩といった用語が並んでいるかと思いますが、飲んでからホテルに行くのであれば「宿泊」を選択することになります。

金曜や土曜は料金が高く、1万〜1.8万ぐらいはしますね。

しかも満室な時もあるので、やはり何軒か調べておくことをおすすめします。

空いていなくてどうしようと焦っていると、女性の目にはかっこわるく映るはず。

「混んでるね〜、次のとこ見てみようか」ピンチも女性と一緒に楽しんでしまいましょう!

 

受付に行くorそのまま部屋に向かう

ここからはホテルによります。

受付で先に料金を支払うところもあれば、部屋に料金を支払う機械が設置されているところもあるんです。

受付は大体こんな感じ。

ラブホテル 受付

引用:https://couples.jp/index.php?action=hotelPhotoGallery&hotelcode=551

利用者のカップルと鉢合わせることもありますが、まぁそれも楽しみながら支払いをしてしまいましょう笑

受付がなければ、直接部屋に向かいましょう〜

ラブホテル 部屋

受付がなく精算機で支払う場合は、ドアを開けたらこんな感じの機械が部屋に付いています。

ラブホテル 精算機

引用:http://roselove-ozu.com/

部屋に入ると、だいたいが「当ホテルは先払いです〜」と機械が叫んでいると思うので支払いをしてあげましょう!

 

ラブホテルの使い方:部屋に入ってから

まずは部屋の明かりとBGMに気をつけよう

意外とラブホテルの使い方として重要なのが、『部屋に入ってから』なんです。

いきなり事を始めるのを好きな人もいるかもしれませんが、あまりおすすめできません。

だいたい女の子は『雰囲気重視』です。

スマートにエッチな雰囲気に持って行きたいところ。

そこでまず必ずやっておいたほうがいいのは、部屋のBGMを流すことです。

大抵、ベッド付近に操作する装置があるはずです。

ラブホテル ベッド

そこで、いい感じの音楽を流しておきましょう。

これだけで、女性が落ち着くはずです。

そして、即座に部屋の明かりをいい感じに調整しましょう!

これも、BGMを調節した同じパネルのところに付いているはずです。

まずは、ベッド付近に直行してここらへんの設定をちゃちゃっとやってしまいましょう!

※ちなみにゴムも大体ティッシュの近くに設置されています。

 

お風呂を沸かそう

また、個人的には女の子とゆっくりお風呂に入るのが好きです。

そこからいちゃいちゃし始めるのが王道パターンになっています。

ラブホテルのお風呂はこんな感じでライトを全体的に暗くしながらも、ポイントで光らせることができるんです。

ラブホテル 風呂

引用:http://www.balian.jp/gallery/yokohama/index_04.html

なかなか素っ裸を見せるのはお互い恥ずかしいですが、こういった雰囲気だと自然と入れるものです。

 

なので流れとしては、「わぁこんな部屋なんだ、いいね〜。お風呂入りたいなぁ〜。」とかいいながら、お風呂を沸かしにいきます。

あとは、飲みながらゆっくりとお湯がたまるのを待ちましょう。

ラブホって実は持ち込みOKなので、慣れてくるとコンビニでお酒やおつまみなんかを買って入ることもしばしば。

また、部屋には普通のホテルと一緒で有料のお酒が準備されているので安心です。

ラブホテル 飲み物

ちょっと料金は高いですが、雰囲気を崩したくないなら部屋で買っちゃいましょう〜!

 

あとは本番へ向かう

さぁ後はお楽しみタイムへと移行しましょう。

会話を続けながら、ベッドに移動しましょう。

あとはあなたがお相手をどれだけ満足させられるかです。

男なら絶対悩んだことがあると思います。

そこで、こちらの記事にまとめておきましたので、ぜひ参考にしてみてください!

>>おすすめの体位の記事を見る

ラブホに行けるお相手をもっと探すなら、こちらの記事もチェック!

>>セフレの作り方の記事を見る

 

>>モテ力コンテンツ TOPに戻る

-モテ力向上