ラブ・リーマン

彼女が欲しい社会人(30代・アラサー)のための彼女を作る方法まとめ

モテ力向上

田舎で異性と出会う方法!地方で恋活をするなら趣味とアプリを同時平行で

田舎出身で都会に出て来た方ってかなり多いですよね。

田舎

ただ、都会暮らしに慣れてくると、本当に都会で暮らす事が正解なのか?と迷う時もあるはず。

都会の喧噪にやられて、疲れたなぁと感じると地元に帰る人も多いと思います。

そんな時、地元の連中と集まって飲んでいると必ず出てくる問題が、『異性との出会い』が極端に少ないことです。

都会には、いくらでも女性がいます。

それと比べると、田舎で好みの女性を探すのはかなり難しいですよね。

それでも、自分の理想の彼女を探したいという方は、戦略的にあらゆる手段を行動に移していきましょう。

そんな方に向けて、おすすめの異性との出会いを増やす方法をまとめておきます。

 

田舎での異性との出会い

田舎にいながら、タイプの異性と出会う方法はこちら。

お見合い

まだまだ割と多いのが、お見合いです。

婚期は遅れているとは言え、女性であれば25〜28歳まで結婚していなければ、どんどんオファーは来るでしょう。

知り合いの紹介や、そういったお見合いは断らずにとりあえず会ってみても良いでしょう。

ただし、タイプの子が来るかはわかりませんし、それ以上進展させたくなかったとしても、後から仲人さんからどうだったか確認されたりなど、人の繋がりがあるからこそ面倒な部分はあります。

コミュニティを県外に作る

おすすめは、県外にコミュニティを持つことです。

趣味の範囲を広げましょう。

例えば、フェスに行くことが好きなのであれば、県外の色んな場所に行く事ができます。

そこで、地元に居ては知り合えない人たちと出会う機会がたくさんあります。

そういった繋がりをどんどん増やしていくことが本当に大事ですね。

 

場所としては、やはり都心に出る機会を増やすのがおすすめ。

facebookページやmixiなど趣味で繋がるコミュニティを持っておけば、何かのイベントがある時に東京や大阪に行くことができますね。

そういった趣味で繋がっていると、恋人関係に進む事も容易なことが多いです。

 

恋活アプリ

最近巷で流行っている、ペアーズやOmiaiなどといった恋活アプリ。

これを利用しない手はないです。

大体月々3,000円ほどで利用することができます。

※女性は無料のものもあります。

会員数が500万人を超えているものもあるので、登録をして使ってみることをおすすめします。

普通に日常を過ごしていても出会えないような異性と、簡単に繋がることができますよ。

しっかりとプロフィールを読み込んでマッチングすれば、趣味も似た方を見つけることも容易です。

平日の隙間時間に連絡をこまめにとっておいて、週末に合う習慣をつけておけば、上手い人だと1ヶ月ぐらいで彼女ができてしまうことも普通にあります。

この出会いの数を増やすことが、あなた自信の女性に対する余裕もさらに増すので、さらにモテるようになります。

絶対に使っておいたほうがいいですね。

管理人は、趣味の輪を広げながら、同時平行で恋活アプリを使う方法をおすすめします。

では、どういったアプリがいいのでしょうか?

 

田舎の人が利用すべきアプリ

田舎であれば、やはり会員数が多い有名アプリを使うのがおすすめです。

その中でもおすすめのアプリを紹介したいと思います。

 

PCMAX

pcmax top

PCMAXは出会い系サイトの大御所です。

流行りの恋活アプリだと人気でなかなかマッチングできないような可愛い子が普通にいます。

ペアーズやOmiaiがクリーンなイメージを作ってくれたので、出会い系の悪いイメージを払拭できれば、普通にネットを通じて可愛い子と出会いたいのであれば、確率的にPCMAXがおすすめ。

また、会員数は900万人です。(ペアーズで500万人)

日本全国利用している人がいるので、田舎で出会うのもとっても簡単です。

エッチな業者も紛れ込んでいることは事実なのですが、その間をかいくぐれば可愛いい素人の女性と連絡先を交換できますよ。

恋愛にアクティブな方が多いので、関係も割とすぐに進んでいくのが魅力的です笑

しかもとっても綺麗な人も普通に登録しているのでびっくりします。

500円からポイントが購入できるので、自分で料金を調節しやすいのも使いやすいポイントの1つです。

月に2,000円ぐらい使えば、1ヶ月でかわいい女の子の連絡先を5,6人ゲットすることは余裕です。

普通に考えて、この料金なら安いですよね。

いろんな異性と知り合って楽しみたい方は、PCMAXをおすすめします!

>>実際にPCMAXを使ってみました♪

 

>>モテ力コンテンツ TOPに戻る

-モテ力向上