ラブ・リーマン

彼女が欲しい社会人(30代・アラサー)のための彼女を作る方法まとめ

モテ力向上

女心がわからない男性必見!ヤリチンブロガーさんの恋愛指南書「でも恋」に学ぶ女心をつかむ方法

2016/11/28

今回は、桐谷ヨウさんの著書「仕事ができて、小金もある。でも、恋愛だけは土俵にすら上がれていないんだ、私は。」を紹介したいと思います。

でも恋

桐谷ヨウさんは、ファーレンハイトという名前のほうが有名ですね。

そう、ブロガーさんなんです。

ブログがヒットして出版化という流れって最近多いですよね。

この方もそうです。

国内メーカー⇒外資コンサルという輝かしい経歴を持ちながら、在籍中にブログを立ち上げそのうちの恋愛系の記事がヒット。

瞬く間にブロガー界で有名になりました。

そこからあれよあれよと本を出版ということになってます。

ずっとファンでブログも本も読んでいるのですが、やはり書いてある内容がインテリなんですよね。

いわゆる、高尚ヤリチンです。

そんな匂いが文章からプンプン伝わってきます。

男性陣は、今回の本「でも恋」から学ぶことは多いはずですよ。

内容は女性向けに書かれているのですが、「女性ってそういうところで悩んでいるんだ〜」と女心を知り・つかむという点では非常に役に立ちます。

それでは、中でも良かったなぁと思う点をピックアップして紹介したいなと思います。

 

女心がわからないのは当り前

女心と秋の空ということわざがあるように、女心は秋の空のように変わりやすいということなんです。


それを男性が100%理解しようというのは、無理な話。

でも、その理解をしたい・しようとする気持ちを持ち続け男側が努力していれば、未然に防げる問題もあるんです。

「女はわかんね〜〜」

と投げ出すのではなく、せっかくですから女性のことを知って行きましょう。

 

本やサイトだけの座学からでは女心はわからない

いくら頭に恋愛知識を武装しても、女の子と関わらないと一生女心はわかりません。

けっこう残酷ですが、モテる人は単純に女性と触れる回数が多いんです。

でも、女心が知りたいと思うモテてない人は、そもそも女性と関わる回数が少ないので、差はいっこうに広がるばかり。

そういう人にありがちですが、自分の考えから女性を見ていたり・想像しているパターンが多いですね。

これだと、いつまでたっても女心はわからないんです。

女の子と関わる機会を増やして、相手の立場に立ちましょう。

何なら機会があれば、自分とのやり取りの中で「???」となったことを女性に聞いてみるのもとっても勉強になります。

 

女性はどういう生き物なのか把握する

男性がモテるためには、女性を楽しませる必要があります。

それはつまり、女性がどういう生き物なのか理解していることになります。

その始まりが、さっきの自分の中に起こる疑問から始まります。

女友達でも、彼女でもいいんだけれども、「え、こんなことで怒ってる」「その行動意味分からん」と思ったら、チャンスです。

「アホやな」と切り捨ててしまうのではなくて、「なんでそういう風に感じたんだろう?」と考えるようにしましょう。

自分なりの疑問を持ち、実際に聞いてみたり、自分で実験してみることで、一般的な女性ってこういう風に感じることが多いんだなというストックができていくはずです。

こういうことは、いくら知識を詰めても使えないことがほとんど。

だからこそ、現場で空気のように感じていくしかないんですね。

モテる人はその空気を何回も味わい、何となくわかってしまうようになっている状態というわけです。

 

実際に女性との出会いがない人へ

長々と書いてきましたが、結局は女性に会って話をしないと始まらないんです。

そのためには、女性との出会いを増やさないといけません。

色々な方法はありますが、手っ取り早く数を集めるなら、出会い系アプリが1番早いです。

社会人 連絡

こちらにFacebookのアカウントで登録できる恋活・婚活アプリをまとめたので参考にしてみてください。

>>恋活・婚活アプリおすすめランキングの記事を読む

飲みにいって話をしているとけっこうな割合で使っている人が多くてびっくりします。

むしろせっかく出会いを探しているのなら使ってみないと損してます。

 

「でも恋」が説く、モテテクの向こう側

この本で1番響いたのは、モテテクの先にある「自分がどう在りたいかが大事」だという部分。

しっかりモテるようになった後は、幸福な恋愛を探すことの2つの側面を意識しようと説いている。

  • 自分が欲しいもの(自分がどう在りたいか)を明確にする
  • 自分が欲しているものを尊重してくれる(手を取り合ってくれる)相手を見つける

今までの女心を理解してモテることにフォーカスしていたけど、それは相手に合わせた話。

そこに自分の意思はないです。

最終的には、恋愛において求めていることは結局自分の幸せです。

そのためには、自分がどう在りたいかを明確にしていかないといけないってことなんですね。

自分がどうしたいか、どういう人生を歩みたいのかが分からない(考えない)と、それを尊重し手を取り合ってくれる人を見つけるなんて見つかりませんからね。

ここはとっても大事かと。

女性向けのエッセイですが、男性にも役に立つコンテンツ満載でした。

 

>>モテ力コンテンツ TOPに戻る

-モテ力向上