ラブ・リーマン

彼女が欲しい社会人(30代・アラサー)のための彼女を作る方法まとめ

男のお手入れ

メンズのヘアケア!男のヘアケアに使える方法・シャンプーブランドまとめ!

第一印象の8割は占めると言われているほど、あなたのイメージをを左右する髪。

そういえば、その人のキャラやスタイルって髪型に出ますよね。

でも、髪型うんぬんの前に、そもそも重要なのが「髪の状態」です。

髪型が決まるのは、髪の状態が健康であることが大前提なんですよ!

どきっとした人いませんか?

髪の毛 気になる

カラーやパーマをかけて髪型をおしゃれにしていく前に、まずは正しいヘアケアをして健康的に髪を育てることが大事なんです。

実は思った以上に目立つ、男の髪のダメージ。

男性の中にけっこういるのが、女性に求める条件として「髪が綺麗な人」ってけっこうな割合いますよね?

女性にとってもそれは同じで、けっこう男性の髪って見られているんですよ!

そもそも、メンズでヘアケアなんて、普通に生活していたら勉強することなんて無いですよね。

なので、常習化しているあなたの悪い癖がきっとあるはずです。

しっかり勉強してケアをしていきましょう。

 

メンズヘアケアの正しい方法

男の髪の「張り・コシ・ツヤ」は、正しいシャンプーの仕方で育まれます。

ヘアケア

まずはしっかりと男のヘアケアの順番を頭に入れましょう。

 

ぬるま湯で髪についたほこりや整髪料を落とす

1日働いた髪は、知らず知らずのうちにほこりや汚れがついています。

まずは、シャワーでしっかりと洗い流しましょう。

これをすることにより、シャンプーをする土台をしっかり作るんですね。

そういえば、美容室にいったときも、まずはシャワーでしっかりと汚れを洗い流していますよね?

けっこう汚れていることを自覚しましょう。

 

シャンプーをなじませ泡で髪を洗う

シャンプーは手のひらで軽く泡立ててから髪に付けましょう。

そのままべちゃっと塗ると摩擦があるのでよくないそうです。

そして、整髪料をつけている人は多めに泡をつけましょう。

さらに、指の腹を使ってしっかり頭皮をマッサージしながら髪を泡で洗いましょう。

そうしたら、洗い残しがないようにしっかりとお湯ですすぎましょう。

 

トリートメント・コンディショナーで潤いを閉じ込める

このとき頭皮ではなくて、毛先を中心にして馴染ませるのがポイントです。

3〜5分ぐらいそのままで置いて(蒸しタオルでくるむとベター)、髪に浸透させた後洗い流しましょう。

カラーやパーマなど傷みが目立つ人は軽めのすすぎで大丈夫です。

 

補足:ドライヤーは適度な距離を

けっこう忘れがちなのは、ドライヤーのやり方。

ドライヤーと髪との距離に十分注意しましょう。

男性って近すぎる人が多いんですね。

髪を傷める原因になるので、カラーやパーマをしている人は十分注意です。

上手くドライヤーを使える人は、スタイリングも自由自在なはず。

それぐらい重要です。

おすすめはテスコムのドライヤー。

美容室でもよく使われているメーカーさんなんです。

お値段が安いのに、かなりすばやく乾かしてくれます。

 

メンズヘアケアおすすめブランド

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)

マークスアンドウェブ

マークスアンドウェブは、2000年に東京で生まれたデイリープロダクトを提案するブランドです。

「自分らしく毎日の生活を楽しみたい」と考える方に、毎日のお気に入り(MARKS)を提案、そして自然と広まっていき(WEB)、長く親しく愛用される存在になれればという理念のもと製品作りをしています。

店舗もとってもセンスが良くて、最近では主要な駅には必ず入っているのを見かけます。

ぜひ一度覗いてみてはいかがでしょうか?

http://www.marksandweb.com/

 

johnmasters organics(ジョンマスターオーガニック)

ジョンマスターオーガニック

合成添加物不使用の有名ブランドです。

数々のベストコスメに輝いたロングセラーアイテムがこちら。

3,000円代と普通のトリートメントと比べるとけっこうなお値段ですが、オーガニックなものを使用しているので安いほうかと。

アウトバスで10円玉ぐらいの大きさのものを塗るという方法を取られている方が口コミでは多いですね。

そう考えると減りも少ないですし、ずっと使えるものとして置いておくのは良いでしょうね。

 

男の髪のお手入れ方法をマスターしよう

お手入れ

髪は女の命と言われますが、男も同じです。

むしろ、男子こそ大事。

正しいシャンプー方法がその寿命を握っていると言っても過言ではありません。

男子たるもの、しっかりとヘアケアしていきましょう。

 
>>男のお手入れ TOPに戻る

-男のお手入れ